トリノ2006 vol.4

いや~、トリノオリンピック…2006…。
…はい、うまい前置きが思いつかないので、
今回は早速行っちゃいましょう。トリノ特集(アルペンスキーのみ)第4弾

c0037429_256182.gif2月20日に行われた女子スーパー大回転。
結果は、まあ大体同じ。
1位に"ドラえもん"ミヒャエラ・ドルフマイスター(オーストリア)
2位は化け物ヤニツァ・コステリッチ(クロアチア)
3位にはオーストリアのベテラン、アレキサンドラ・マイスニッツァー
もう一人の化け物、スウェーデンのパーションは何かやらかしたのか、12位。
1位と2位はまあ定石として、
僕的に嬉しいのは3位にマイスニッツァーが入ってきたことだね。
この選手、コステリッチ嬢やパーション嬢が出てくる前からの人だけど
「男顔負けの力強い滑りをする」ってんで有名だった。
長野でもメダル取ってるしね。女子ながらカッコ良かったなぁ。
今となっては「男顔負け」というか「えっ?人間!?的な力強さ」の
コステリッチ嬢、パーション嬢の影に隠れちゃってたけど、
今回のメダルは嬉しいね。
(写真:左からJanica Kostelic, Michaela Dorfmeister, Alexandra Meissnitzer)
(ドラえもん,「メダルにキス」っていうかこれはもうしゃぶり付いてるよ…(恐) )
c0037429_3232268.gifお次は2月22日に行われた女子回転。
アンニャ・パーションが来ましたね~。ついに。
強い強いと言われつつ、五輪での金はなかった彼女。
そういえばソルトレイクではみんなコステリッチ嬢に持ってかれちゃったもんね。
相変わらずの重心の低いドッシリした滑りでかつ滑らかに。
優勝が決まったあとは、(たぶん)世界選手権でもやったお決まりのポーズ。
猛ダッシュしてから飛び込み腹滑り。
ってか彼女があの巨体でやってもなんの「茶目っ気」もないよね(笑)
「うわぁ、ハンパねえ背筋…。」という感想しか。。。
ってかすっげ真顔でやってるし(笑)
2位,3位はオーストリア若手勢、二コール・ホスプマルリース・シルト
シルトの方は調べてみたら実はコイツ、ベンジャミン・ライヒのガールフレンドらしい。
あ~、そういえばライヒのホームページにこんな顔載ってたなぁ。
1本目1位だったコステリッチ嬢は、ちょっと失敗したかなって感じで4位
(それでも4位…(笑)
日本勢からは広井法代が29位。星瑞江が27位だそうで。
う~ん、がんばれニッポン。
(写真上:Anja Paerson嬢のすっげえ重心低い滑り)
(写真中:二位のNicole Hosp(AUT)の滑り)
(写真下:Paerson嬢の腹滑り。)
(手前の選手の「イヤァァァ!!!」という声が聞こえてきそう(笑)

現時点であと残すは「アルペン競技の花」男子大回転。
最近は日本勢も対等に戦えるようになってきてるから、期待したいとこ。
僕個人的な意見としては、佐々木明より皆川健太郎に頑張って欲しいね。
理由は…だって皆川のがカッコいいもんね。
(写真:yahoo.comより)
c0037429_3254588.gif

p.s.
オーストリアのBenjamin Raichと
Marlies Shildのアツアツショットを発見したよ。
ライヒも隅に置けないね~。
[PR]

by mills-yuki | 2006-02-25 12:40 | 動き  

<< トリノ2006 速報 トリノ2006 vol.3 >>