先生ヤメテ!

"I'll see you guys on ~." 「それじゃあ、また~にね。」
これ、英語で別れ際に言うセリフなんだけど、
学校の先生がクラスの終わりにいうセリフでもある。
だから、授業を受けてる生徒はこのフレーズが出てくるのを
もう、今か今かと待ち構えているわけで、
"I'll see you guys on Friday." な~んて先生が言った途端に、
ガタタッと、蟻の子を散らすように生徒が教室を飛び出していくってのが
ここではごく一般的な大学の光景。

でもいま僕が取ってるクラスの教授、中国の人なんだけど、
このフレーズのフェイントが多すぎww

クラス始まって15分、クラスに必要な電卓の話の最中、
"I'll see you guys on Wednesday..." 「じゃぁ皆、水曜日に…」
ガタタッ
"... with the collect calculator, right?" 「…はちゃんとした電卓持ってきてね。」
"okay then, next chapter is..." 「はい、じゃあ次は…」
…ええぇぇっ?

30分、次の授業までの宿題の説明中、
"I'll see you on Wednesday..." 「はいじゃあ皆、水曜日に…」
ガタタッ (今度こそっ)
"... with this homework done." 「はちゃんと宿題やってきてね。」
"Don't forget, okay? Next is..." 「忘れないでね。 はい次は…」
…ええええぇぇぇっ?

45分、さすがに授業もなんとなくもう終りかな~という雰囲気の中、
"See you guys on Wednesday." 「はい、じゃあ皆また水曜日にね。」
…えっ…と~…(お互いに顔を見合わせる生徒達)
"What? The class is over!" 「何よ、授業終わったわよ。」
…あ、あぁ、はい~…お疲れッス~。(どうしろと…?)

ホント、勘弁して欲しい(笑)
しかもしっかり"Wednesday"のあとに息継ぎ入れるから、皆引っかかる引っかかるww

授業中で使うこのフレーズに、
ラピュタで言うところの「バルス」くらいの威力があることに気づいて欲しいよ…
ってか大体、文法合ってるのかさえも分かんないし…

まあでも多分、このフレーズの前後の話をちゃんと聞いてれば分かるんだろうけど、
そんなの、ねぇ? 大半の大学生は聞いてないでしょ?w
[PR]

by mills-yuki | 2007-09-15 00:02 | 常日頃  

<< 次のローテは…っ? TH Rock Festa! ... >>