カテゴリ:AT関係( 16 )

 

ポッキリ

今日、棒高飛びの練習をみてた時のこと。

ISU期待の星、Bertoli君。
十分に助走を取って離陸。
「これはっ…良いんじゃない??」と誰もが思ったその時、

パッキーーン!!

棒が、棒が折れました!!
えっ?えっ?? 折れるの?それ。アリエナイ!!

幸いBertoli君は指をちょい怪我しただけで済んだけど、
折れた棒が胸とか喉とかに刺さってたらと思うと、恐ろしくて吐き気モンです (汗

改めて知った棒高跳びの危なさです。
あぁ恐ろしい…
[PR]

by mills-yuki | 2009-02-05 00:29 | AT関係  

ウミ70cc

先週の水曜日。

ヘルスセンターにやってきた一人の青年。

「お尻が痛い」とのことだったからお医者さんが診てみると、

お尻の両ほっぺたの間に、どでかいコブが…

まるでお尻が三つに割れたみたい

「これは…、切るか。」ってことでまたまた手術開始。

手術セット用意して、麻酔打って揉み解して…とまたお手軽ww

で、メスでちょい切込みを入れた瞬間、

…ぶりゅぶりゅぶりゅっっ

あふれ出すウミ。ほとばしるウミ。プラスすさまじい臭い

押して捻って搾り出したウミ、その量70cc以上

横で見学しながら失神しそうになってるオレww

それを心配そうに見てるお医者さんもさすがの臭いに顔をしかめてたww

一通りウミを出した後の空洞には、消毒液をしみこませたガーゼリボンを押し込む。

15ヤード分押し込んで、その端を傷口からすこし出しとく。まるで尻尾ww

それを毎日少しずつ、ウェットティッシュみたいに30cmずつ

抜いては切って、また次の日抜いては切って…ww

なんでもそうやって中の傷穴を少しずつ小さくするんだとか…。

医学って、キモチワルイ…
[PR]

by mills-yuki | 2008-09-29 00:01 | AT関係  

イボ斬りっ!!

一昨日、ひょんなことからプチ手術見学。

お医者さんにくっ付いて回る実習な今週来週。

一昨日訪れたのは腕にイボができちゃった黒人青年。

一通り診てからお医者さんが一言、「ん~、めんどくせ。今日切る?」

えぇっ?ってなってるオレをよそに、青年も乗り気で「切る切る~。」

で、訳が分からないまま、手術セット(メスやら糸やら…)を準備して、

ホントに来診から15分以内で手術開始。

あの、緑のアノ服とか着ないんですか?「手術中」とかランプ付けないんすか?

麻酔をぶすぶす差し入れて、揉み込んだら、周りを切り取って…

…って料理教室かとツッコみたくなるほどの手軽さ。

「あ、ユウキ、血ぃ押さえて~。ここもここも。」

言われるままにガーゼで血を押さえるけど、ホントに一瞬で真っ赤に染まる布。

ほんっとにガーゼって無力、マジ、無力ガーゼ。

「だ~いじょうぶだって、ユウキ。no sweat no sweat♪(この人の口癖、へーきへーきって事)」

そりゃあお医者さんにしたら茶飯事でしょうが、

オレからしたらプライベートライアン並の大事件ですww。

さらにイボ切除後には「はい、あげる」とオレに手渡してくるお茶目医師。

「いぃいいらないす…」って普通に返した…ww 

もうねユーモアとか知らない。何それっ


昔から人の血とかホントに見てられない…。

自分の血なら全然へーきなのに…。カサブタとかめっちゃ削るしww

最近たまに考える、「あ~、オレ向いてねえかも…」ww
[PR]

by mills-yuki | 2008-09-19 09:27 | AT関係  

や、確かにトイレは遠いけど…

サマーキャンプの間は、熱射病予防のため、
「プレイから戻ってきた選手には基本的に水を飲ませろ」的な指示を貰ってる。

で、この間の練習中の事。
選手の一人が自分のプレイする回が終わって戻ってきて、
そのままコートの脇でヒザをついたので、
「おっコレは結構疲れてるね」、と近くにいた僕が水とタオルを持って近づいたんだけど、
1メートルくらいまで近づいたところで、

シャ~~~~~……ッ という音が…。

………ん、んん~?? えっ!?

なんと大胆にもコート上で放尿!!ww
服も着たまま、ズラしもせずに…っ
汗だくで、既にユニフォームはビショビショだから、変わんないって発想なのかもだけど、
や、ダメでしょ。 何その開放感ww 海ですか。海ですかココは。

周りのチームメイトも特に反応しないのがオカシイ。
ってかファンだって大勢いて、TVや新聞のカメラだってあるのに…っ。

あとで他のインターン生に聞いたら、他にも何人か目撃者がいた。
そういうモンなのかな、プロになる人って。

…う~ん、子供達の夢が壊れる…ww そしてローズハルマンのスタジアムが汚れるwww
…少なくともオレはこれからコルツの試合観たら、絶対思い出す。
[PR]

by mills-yuki | 2008-08-07 23:30 | AT関係  

ファン01号!?

家のPCの機嫌が直らないので、外から更新。

先週剃ったアタマもそれなりに毛が伸びてきて、
もはや、ハゲは脱出。なんとかボーズへ・・・。
しかしそれでも外は暑い!!
5mm弱程度の髪じゃあ、インディアナの紫外線は防げないってことで、
支給されたコルツの帽子を毎日かぶって練習に出てる。

…が、昨日、練習後のフィールド片付け作業の途中、あまりに汗だくになったから、
ちょっと帽子を脱いでタオルを取りに行き、汗を拭いてまた帽子をかぶろうとしたら…、
…、あれっ!?帽子が無い…。

見ると、子連れのオバサンが僕の帽子を持ってうひゃ~って一目散に逃げてゆく!
「あれっ?えっ?ちょっ、ちょ待っ!... Hey!くっそ...Hey! Get back here!!!!

追っかけようとしたけど、次から次へと運ばれてくる道具の片付け作業に追われ、
結局取り返せなかった…。

あとで上司に事情を話したら、無事もう一つ帽子をくれた。
どうやら、こんな事は日常茶飯事らしい。
「ファンをなめたらイカンよ?何するかわかんないから…」とかるく釘を刺されて事なきを得た。

ってか盗むんだったら、選手とか、コーチとか、そういう人から盗んでよっ!
周りでセコセコ働いてるトレーナーの、正規じゃなくてインターン生の帽子を盗んで
しかもそれを子供にあげてんじゃないよっ!
嬉しいんか!そんなん手に入れて嬉しいんか!  アホ親!アホ親!!
[PR]

by mills-yuki | 2008-07-30 22:00 | AT関係  

変身ハゲ

インディアナポリスコルツでのサマーキャンプインターン、もといボランティアが始まった。
まぁ、学校とクラスメートのコネで無理やり入れてもらったんだけど。
選手が到着するのはもうしばらく先なので、
18日から先にインディアナポリスから移ってきたチームATの荷物の整理を手伝った。
棚を組んで、指定されたところに荷物を片付けて、選手用のベッドを組んで…
ん~なんか渡米前にしてた引越しのバイトに似てるな~…ww
でも、「Marvin Harrison #88のベッドは僕が組みました!」
↑コレは結構ネタになるんでないかな~ww
それにしてもさすがNFL、一つ一つの荷物の量がハンパじゃない。
ゲータレードだけで、僕の部屋は余裕で埋まるんでないかと…ww
そしてこのサマーキャンプのためだけに、
シボレーのトラック一台(たぶん新車)をトレーナーの事務用に設備。ひえ~ww

話はかわるけど、(というか本題だけど)
コルツのサマーキャンプインターンには伝統の(?)行事があるらしく、
インターン生は全員頭を剃る!…らしい。
刈るんでなく、剃る。 ボーズじゃなくてスキン。バリカンじゃなくてカミソリ…。
…やられました。僕もやられました(笑 昨日、仕事終わった後に皆で。

ぜったい!ぜったいコレ、ハゲちゃったお偉いさんの僻み嫌がらせにちがいないんだ!

その夜、インターン生約10人でバーに飲みにいったんだけど、
ひとテーブルまるまるハゲっww 
ショットしてショットして…、どんどん赤く、熱くなっていく頭たち…ww

あぁ~、陽射しが心配だ~。ヤケドで木村祐一みたいになってしまうかも…ww
[PR]

by mills-yuki | 2008-07-20 14:44 | AT関係  

Brittney & Thomas' 21st

クラスメイトの誕生日飲みに行ってきました。
Brittney と Thomas,二人の誕生日は5月7,8日の1日違い。
二人とも21歳になりました。
二人とも僕の1コ下。
まあ僕は浪人+英語習得で1年以上費やしてるので、カナシイところですが…www
アメリカではお酒の解禁が21歳なので、
これで二人とも堂々とバーに繰り出せるえわけで…。
(モチロン前から家飲みはガンガンでしたけど…www火曜日とか飲んでましたけどwww)

写真でティアラかぶってんのがブリちゃんで、
ピンクのポロのイケ面がトーマス・クラム。
照れ隠しに、慣れないヘン顔をして失敗してるFxxkin Asian が僕です(笑
(だぁって…、白人相手にマジ顔撮っても惨めだし…www)
ちなみに、右下でクラムと写ってる Katy Adams のカラオケ歌唱力はハンパないですwww

皆、この写真撮ったときにはもう、飲んで呑まれてべろんべろんwww

c0037429_1732582.jpg
[PR]

by mills-yuki | 2008-05-11 03:57 | AT関係  

初!・手術見学!

久しぶりに自分の学部の事について書こうかと。
たまにはなんかやってるってトコ見せないとね。
普段の日記だけじゃ只遊んでるだけって感じだし…(あながち嘘じゃないけどww)

今日は僕ともう一人のクラスメイトで、2人の選手をインディアナポリスまで連れてって、
一人の選手の肘の手術と、もう一人の手のMRIをとるのに付き添いました。
肘の手術をしたのはISUのフットボール選手、
ちょい前に、肘のavulsion fracture(日本語名知りません…)をおこして治りかけてたんだけど、
最近また肘がうまく動かないという事で、診て貰うことに。

ってか肘を診る、といってもただ触診するだけじゃないんです、
簡単に言えば、
肘にいくつか穴を開けて、そこからカメラを間接の間に突き入れて、ぐりぐりするんです。
手術なんてみたくもなかったけど、必修なので渋々。
…正直、見てられませんでした(笑
おまけにドクターが見学してる僕らに気を使ってか、
カメラをぐりぐり、麻酔で眠ってる彼の肘をぐりぐり、
「ほら、ここが間接。見ててね、肘をこう動かすとほら、骨がこう動くのね。で、こう動かすと…」
せんせ!せんせ!気持ちはありがたいけど、ほんっとに余計なお世話!!(笑

そうこう言ってる最中に、
さっき開けた違う穴からカメラと一緒に流し込まれてる洗浄水がぴゅ~っ!! 
「ぎゃ~っ」\\(゜ロ\\)Ξ(//ロ゜)// (僕&クラスメイト)

で、しばらくぐりぐりした後、ドクターが
「う~ん、これはダメだね。…おしっ開くかっ。」
言ったかと思うと、おもむろに肘の後ろからメスを入れてがっつり3・4cm開き、
当初、予定にはなかった手術開始…!( ̄Д ̄;)
のみとかなづちみたいな道具で、骨をガッツンガッツンやり始めたもんから、
僕とクラスメイトはK.O. 用意されてた椅子に座って、「ダメだ…、もー見れん…」
そんな僕らを尻目に、医者&看護婦の人たちは手術の間中、
ラジオでカントリーミュージックを聞きながら和気藹々。
…医者っ、強すぎる、医者…っ!www

結局、手術の内容としては、
Ulnar(尺骨,前腕の骨)の Olecranon(上腕の骨に引っかかってるいわば鉤の部分)が、
近くにある血管やら神経やらを圧迫していたから、少し削ってやった、ということらしい。
ドクターが手術後に丁寧に説明してくれました。

その後、ソフトボール選手の女の子をMRIへ。
こっちは見学しなかったけど、45分くらいで終わる予想が、2時間半もかかり…。
おまけに手術を受けたフットボール選手の薬を受け取るのにまた1時間以上かかり…。
結局、学校を朝の10時半に出て、戻ってきたのが夜の10時…。 …キッツ~!ww
学校が閉まっちゃったから、ロッカーに入れてるカバンを、教科書を、取りにいけない…www

…でもまぁ、帰りは4人でご飯食べたりして、多少仲良くなったりして…
皆に合わせて「あ~、疲れた」「帰って寝る!速攻、寝る!」とか言ってたけど、
…僕は実はなんだかんだでワリと楽しんでたのは内緒。。。


…今気づいたけど、今年は閏年なんですね~。
曾爺ちゃん、会った事もないけど誕生日おめでとう。
[PR]

by mills-yuki | 2008-02-29 23:59 | AT関係  

骨が、骨がボキボキ動いてるよっ!(ノ`д´)ノ

↑のタイトルはネゴシックス的に発音してくださいw
最近、顔文字が大好きですww
いつも、2テンポくらい流行から遅れて生きています。ww


先週までの実習先立ったTHノースハイスクールでは、
ある程度僕も仕事に手を出させてもらえたせいか、
前回の"泣いちゃった"事件wの他にも、何かと思い出に残る出来事が多かったです。

最後のフットボールの試合中のこと。
ハーフタイムに一人の選手、Dの結構なキープレイヤー、が「足のスネが痛い」と。
で、高校のヘッドATが診たところ、もしかしたら骨 が折れてるんじゃないかってことで、
お医者さんに見てもらうことになったんだけど、そのお医者さんが結構いい加減ww。
ちょいちょい触って、「だ~いじょうぶだいじょうぶっ。これっくらい大丈夫!」ヾ(°▽°#)ペシペシ
それだけ言って、さっさと試合の応援に戻ってしまったんですね・・・w
う~ん、お医者さんがそういうなら…、まあ、本人泣くほど痛くもなさそうだし…ってことで、
その時はとりあえずヘッドも「後半もGO」の判断を。

そいで第3クォーターの終わりごろ・・・。
またその選手がやってきて、「どお~も、足が痛くて調子が出ない」と。
「折れてない」というお医者さんの判断の下なので、
ヘッドはとりあえず僕に彼のストレッチを指示。
僕も言われたとおりにストレッチをしてみたんですが…、

ポキッ…       …( ・_ ・)ん?
ポキポキッ     …(・_・?) んン?


明らかにスネの中で何かが(ほぼ間違いなく骨がw)動いている感覚&音!www
ちら~っと、顔を覗いてみると…、…アラっ、全然平気そう…。
それどころかニカッと笑顔さえ浮かべてる……
…痛くないの?あ、そう……痛くないなら…、まあもうちょっとやってみようか…。

ポキゴキポキッ   …Σノシ(゚Д゚;)いやいやいやいや!
折れてるって! コレ絶対折れてるって!w


で、泣きそうな勢いで急いでヘッドATに知らせた結果、
Fibular(腓骨{ひこつ}) 骨折。
どうやら、ハーフタイム時にはヒビ程度だったのが、プレイしてるときに完全にイッちゃったそうですww
(実は僕がトドメをさしたという可能性も否めない…ww)

それにしても、骨折をした当人、
骨が折れたと分かったとたんに、観客席にいる両親に手を振って、
「ねぇ!なんか俺骨折れちゃったみたいよ。アハハ。」…と終始笑顔。
どうやら、そういう人だったらしいです…。

ヘッドが教えてくれた話によると、fibularって、
隣にでっかい骨、Tibia(脛骨{けいこつ})がいるお陰で折れてもそんなに痛くないんだとか…
…や、でも、ねぇ?

前の"泣いちゃった"事件にしろ、今回の"折れちゃった"事件にしろ、
選手の表情や言ってることって、
実際の症状と全くかけ離れてる場合があるから怖いですね…www
[PR]

by mills-yuki | 2007-10-31 01:03 | AT関係  

泣ぃちゃってぇ~んし!Σ(゚Д゚;)

今日、何年かぶりに女の子を泣かしてしまいました…笑
や、残念な事に"ホレタ・ハレタ"的な話じゃあないんだけど…www

実習先の高校で、ある女の子の脚をストレッチしてたんですね。
ストレッチって、
自分が知ってる選手なら「こいつはコレぐらい」的な感覚があるんだけど、
初めての選手は結構加減がわかんなくて怖いんです。
まして高校生の女の子なんて体もちっちゃいから、なおさらおっかないおっかない…。
そこで、決めゼリフ。
"Tell me to stop, k?" (ストップって言ってね。) 、コレです!w
もっと他の言い方があるんだろうケド、わっかんねえからセリフずっと一緒ww。
さらに、ok の"o"を省略する事で親しみを持たせる!(笑)
まあ、コレを言っとくと大体の人は丁度良い所で、
"yeah, it's good right there..." といった感じで教えてくれるわけです。
(↑当たり前のことなんだけど、英語力の乏しい身には大事なコトなんです!ww)

その子もそんな感じで、"yeah, right there..."ってとこでキープ。
それでも心配だったから、今日は念入りに「大丈夫?痛くない?」なんて聞いたり…。
それでも「平気。」っていうから、じゃあ早速15秒くらい数えようか…と。
はい、いーち、にーい、さーん…

…ボロッ (涙)

…えっΣ

…ボロボロボロッ (涙涙)

…ええぇっΣ (反射的に手を離す)

…どどどどうした?

「ご、ごめん……、ホントは痛かったのぉぉぉ……(;TдT)」 シクシク…。

なななんだってぇぇぇ!?Σ(;゚д゚)

え、なんでっ!?なんでそんなウソをつくっ!?

…その後はもうパニック。
とにかく彼女が泣き止むまでひたすら謝り続けて…。
うん、なんか、もうオレも泣きたかった!ww

久しぶりに、「あ、俺、ダメトレーナーかも…っ」って思いました…。_| ̄|○
[PR]

by mills-yuki | 2007-10-27 20:30 | AT関係