<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

トリノ2006 速報

c0037429_3581511.gif速報だよ!!
日本の皆川健太郎が男子回転1本目で
1位のベンジャミン・ライヒ(来たぁ!)から、
わずか0.07秒差で3位に入ったよ!
完全に1位狙えるとこだよ
2位にカール・パランダー(フィンランド)
佐々木明も8位に入ってる!1秒差だけど、
回転ならまだまだギリギリ巻き返しはきくよ!
言ったっしょ!言ったっしょ!やっぱり皆川健太朗カッコいいわぁ。
よっしゃ!2本目もがんばれニッポン!

ってかボーディ・ミラーはまたコースアウトだよ。散々だね…(笑)
[PR]

by mills-yuki | 2006-02-25 13:34 | 動き  

トリノ2006 vol.4

いや~、トリノオリンピック…2006…。
…はい、うまい前置きが思いつかないので、
今回は早速行っちゃいましょう。トリノ特集(アルペンスキーのみ)第4弾

c0037429_256182.gif2月20日に行われた女子スーパー大回転。
結果は、まあ大体同じ。
1位に"ドラえもん"ミヒャエラ・ドルフマイスター(オーストリア)
2位は化け物ヤニツァ・コステリッチ(クロアチア)
3位にはオーストリアのベテラン、アレキサンドラ・マイスニッツァー
もう一人の化け物、スウェーデンのパーションは何かやらかしたのか、12位。
1位と2位はまあ定石として、
僕的に嬉しいのは3位にマイスニッツァーが入ってきたことだね。
この選手、コステリッチ嬢やパーション嬢が出てくる前からの人だけど
「男顔負けの力強い滑りをする」ってんで有名だった。
長野でもメダル取ってるしね。女子ながらカッコ良かったなぁ。
今となっては「男顔負け」というか「えっ?人間!?的な力強さ」の
コステリッチ嬢、パーション嬢の影に隠れちゃってたけど、
今回のメダルは嬉しいね。
(写真:左からJanica Kostelic, Michaela Dorfmeister, Alexandra Meissnitzer)
(ドラえもん,「メダルにキス」っていうかこれはもうしゃぶり付いてるよ…(恐) )
c0037429_3232268.gifお次は2月22日に行われた女子回転。
アンニャ・パーションが来ましたね~。ついに。
強い強いと言われつつ、五輪での金はなかった彼女。
そういえばソルトレイクではみんなコステリッチ嬢に持ってかれちゃったもんね。
相変わらずの重心の低いドッシリした滑りでかつ滑らかに。
優勝が決まったあとは、(たぶん)世界選手権でもやったお決まりのポーズ。
猛ダッシュしてから飛び込み腹滑り。
ってか彼女があの巨体でやってもなんの「茶目っ気」もないよね(笑)
「うわぁ、ハンパねえ背筋…。」という感想しか。。。
ってかすっげ真顔でやってるし(笑)
2位,3位はオーストリア若手勢、二コール・ホスプマルリース・シルト
シルトの方は調べてみたら実はコイツ、ベンジャミン・ライヒのガールフレンドらしい。
あ~、そういえばライヒのホームページにこんな顔載ってたなぁ。
1本目1位だったコステリッチ嬢は、ちょっと失敗したかなって感じで4位
(それでも4位…(笑)
日本勢からは広井法代が29位。星瑞江が27位だそうで。
う~ん、がんばれニッポン。
(写真上:Anja Paerson嬢のすっげえ重心低い滑り)
(写真中:二位のNicole Hosp(AUT)の滑り)
(写真下:Paerson嬢の腹滑り。)
(手前の選手の「イヤァァァ!!!」という声が聞こえてきそう(笑)

現時点であと残すは「アルペン競技の花」男子大回転。
最近は日本勢も対等に戦えるようになってきてるから、期待したいとこ。
僕個人的な意見としては、佐々木明より皆川健太郎に頑張って欲しいね。
理由は…だって皆川のがカッコいいもんね。
(写真:yahoo.comより)
c0037429_3254588.gif

p.s.
オーストリアのBenjamin Raichと
Marlies Shildのアツアツショットを発見したよ。
ライヒも隅に置けないね~。
[PR]

by mills-yuki | 2006-02-25 12:40 | 動き  

トリノ2006 vol.3

寄ってらっしゃい観てらっしゃい。
世界で一番寒い白銀の世界で行われる、
世界で一番熱い戦い、それが冬季オリンピックだよ~。
NBAオールスターなんて観てるバヤイじゃないよ。
そこのアナタもほら、黙ってオリンピックを観れ!(←間違った活用法)

今週はテストが続いて、ちょっと更新が遅れちゃったい。
なんで今日は遅れを取り戻すべく2本続けて行くよ。(僕の気力が持てばね…)
では、トリノ特集(専らアルペンスキーのみ)第3弾、行ってみましょう。

今回の種目は2月20日に行われた男子大回転と女子スーパー大回転。

c0037429_18501097.gif男子大回転はついにやってくれました!僕のお気に入り、
オーストリアのベンジャミン・ライヒ。ついに、ついに、念願の金メダル!
オリンピックでの金メダルは初めてなんじゃないかな!?
1本目は苦しくも5位につけたライヒ。1位とのタイム差は0.34秒。
決して巻き返せない差ではないけど、ちょっとキビシイかなというところ。。。
だったハズなのに!2本目でやってくれた!
今回の大回転コースは、やたら長いうえに左右に振る、振る!
選手達が右へ左へ、
滑っているというより横っ飛びにすっ飛んでいくようなキツイコース。
メダルが期待されたボーディ・ミラーも、
滑り終わった後に自分のタイムを確認する余裕も無いほどヘトヘトになってた。
そんな中、1本目5位のライヒが攻める、攻める!(思わず太字)
ラインを崩さないギリギリの線で、直線的にポールギリギリの"キワ"をつく、つく!
もう転倒,コースアウトギリギリ。
途中なんかホントに観てられなかったね!怖くって。。。
そいで、結果ゴール当時1位だった選手に1秒以上の差をつけてゴール。
や、もう、「どあぁぁぁ!来たァ!」って叫んだよ(一人で…(笑)
おめでとうライヒ!見事初のオリンピック金メダル獲得!
2位にフランスのジョエル・ショナル。ライヒとの差はたった0.07秒。アブね~!
3位にハーミネーターことヘルマン・マイヤー(AUT)。2つ目のメダル。アツいよベテラン!
1本目1位だったカナダのフランソワ・ブルケは極度のプレッシャーからか
2本目は思うように滑れず、結果4位に。う~ん残念。(知らんけど)
日本人で参加した吉岡大輔は24位。佐々木明は2本目で途中棄権。
佐々木は回転で頑張って欲しいとこだね。
(写真:Benjamin Raich が攻める!Raichが攻める!Raichが攻めるぅ!!)
(yahoo.comより)
c0037429_18503279.gif(右写真:2位のJoel Chenal と3位のHermann Maier)
ベンジャミン・ライヒ。
僕が初めてテレビで見たのは彼が19・20歳くらいの時だったかな。
ちょうど前回話したヘルマン・マイヤーが絶頂で、そのころトップだった,
スイスのミヒャエル・フォン・グルニゲン(こいつがまたカッコよくって…!)
とガチンコしてた頃、
ライヒはオーストリアの期待のホープ(あ、両方同じ意味だ(笑) として現れて、
それ以降ずーっと僕はライヒを応援していたもんね。
もう彼も今月28日に28歳になるそうな。ホント時は矢の如し。
高1のときに彼のホームゲレンデであるピッツタールに幸運にも行けたときには、
しっかりライヒのステッカーとヘアバンド買って帰ったし。(ミーハー!!!(笑))
奴の滑り方ってのがまた特徴的で、
右ターンと左ターンがよく見ると全然違う、
かんぜんに左右非対称な滑りをする選手だったんだよね。
そのくせ速いから、それがまた幼心に「ハミダシ者」としてカッコよく映っちゃって。。。
よく真似して怒られたようなそうでないような。。。(笑)
でもライヒの真似をして滑ってる人って本当に一目で分かる(笑)
そしてこれがまた結構沢山いるんだ(笑)
c0037429_18581393.gif

よかったね!


…うわぁ、結局男子大回転だけでこんなになっちゃったよ。。。
だってライヒだもん。語りたいこと多すぎるもんなぁ。もっと語りてぇ…。
自分が大したことなかった分、
ずーっとスキーコンプ(スキーのマニア本)読んでたもんなぁ…。
(まぁそれでも、読む量が足んねえって怒られたけどね(笑)
と、言うことで、女子スーパー大回転は次回に延期で。
あ~、そして無理、気力続かなそう…。

p.s. フォン・グルニゲンのHPの曲、なんかよくないすか?誰?
(今回も写真はぜーんぶyahoo.comより)
[PR]

by mills-yuki | 2006-02-24 22:30 | 動き  

トリノ2006 vol.2

c0037429_17561920.gifいやいやいやいや
トリノオリンピック2006。僕一人でアツくなっていますが…。
それにしても僕の周りに住んでる人たちのトリノオリンピックへの興味の無さっていったらない。
アメリカで行われたソルトレイクオリンピックと比べたらしょうがないけど、
長野オリンピックからも30パーセントくらい視聴率が落ちているそうな。。。
ったく、バスケとアメフトだけじゃねんだぞ。

さて気を取り直して、今回もトリノ特集(アルペンのみ)いってみましょう。
2月20日現在で前の記事から新しく終了した種目は、
女子複合、男子スーパー大回転、女子スーパー大回転、男子大回転の4つ。
今回はそのうち女子複合と男子スーパー大回転について書こうかと。。

c0037429_17584667.gifまずは女子複合。
しかし最近の女子の種目はいつも勝つやつが決まってて、
ちょっとつまらないね。意外性が欲しいね。
結果から言うと、
クロアチアの怪物、ヤニツァ・コステリッチが金メダル
2位にオーストリアのマルリース・シルト。コイツは良く知らない。
スウェーデンの化け物、アンニャ・パーションが銅メダル。
とりあえず女子の競技は、ヤニツァとパーションの一騎打ちに、
高速系ならドラえもん…もといドルフマイスター
技術系なら他のオーストリア勢が絡んでくるって言うのが定石だね。
というかコステリッチ、パーション、ドルフマイスターは
もはや女の顔、身体してねーもん(笑)
(写真は金メダルJanica Kostelic 「ぎゃ~!」と叫ばないように(笑))

c0037429_18133677.gifそして男子スーパー大回転。
この種目はアツかった!
僕にとって懐かしい顔が1位2位に入ってきた。
この二人は僕が昔、小学・中学生の頃TVで応援していた選手であり、
今回の結果は僕にとって、
そう例えるならマイケル・ジョーダンが復帰したときみたいな(笑)

一人目は2位にはいったオーストリアのヘルマン・マイヤー
98年長野オリンピックのちょっと前に現れたスキー選手としては「遅咲き」な彼。
攻撃的な滑りからついたあだ名は「ハーミネーター」
長野オリンピックでは2種目で金メダル。c0037429_18141726.gif
そのときのダウンヒルでは、
スピードが乗り過ぎて板が飛行機の翼のように舞い上がって、
頭から雪面に叩き付けられるという大クラッシュをしたものの、
本人ピンピンで次の日しっかり金メダルを取ったという伝説の持ち主。
そのときの写真(右)が
"こんなクラッシュでも平気だぜ"というコピーとともに
ヘルメットの宣伝に使われたのは有名な話(笑)。
そんな彼、01にバイク事故で大怪我を負って、
ソルトレイク五輪には参加できなかったけど、
今回長野以来のメダル、今年33歳(くらい)にしての快挙!アツいよ!

c0037429_18261545.gifもう一人目、は知っている人も多い、ノルウェーのチェティル・アンドレ・オーモット
高速系種目で爆発的実力を発揮したマイヤーに対して
滑降から回転まで全ての種目でそつなくこなすオールラウンダー。
ボーディ・ミラーが出てくるまでは複合では敵なしだった(んじゃないかと思う)。
現在34歳(かな?)にして、スーパー大回転で優勝。
さりげなくダウンヒルでも4位に入っているし、
今回のオリンピックでもしっかりベテランの意地を見せてくれてる。
「ミスター・メダリスト」という妙にカッコいいニックネームが示すとおり、
これでオリンピックアルペン競技での総メダル獲得数は8個で歴史上1位。
世界選手権もいれると20個になるらしい。
でも自宅に保存していた他19個のメダルは3年前に盗難にあって、
全部手元から無くなってしまったらしいから、
きっと今回のメダルはすっげ大事にするんだろうな(笑)
そういえば一度、スキーのW杯が日本の志賀高原で行われたときに、
彼が日本人女性をたぶらかしているのを目撃したことがある(笑)
そいでその後運良くサインをもらえてめちゃくちゃ嬉しかったのをまだ覚えてる。
しかし、これでもしラッセ・チュースも上位に来ていたら、僕の興奮はもっと凄かったろうけど…。


うわっ、今回も長いな~。すこし調子に乗って語りすぎたなぁ…。
しかも分かる人にしか分からない分野で(笑)
ホントは今男子大回転を見たばかりで、書きたいことばかりでウズウズしてたり。
次回は男子大回転と女子スーパー大回転くらいについて…。
では。
(写真は全てyahoo.comより)
[PR]

by mills-yuki | 2006-02-20 23:50 | 動き  

トリノ2006 vol.1

トリノオリンピック!
アツいね。やっぱ冬の競技はいいね!
僕の注目は主にアルペンスキー競技
大会6日目の今日2月15日にして、いまのところ
男子滑降、女子滑降、男子複合(滑降+回転)が終了したわけだけれども。。。

c0037429_1528896.gif
女子滑降はなんというか、やっぱりというか、
オーストリアのドルフマイスターが勝っちゃった。
コイツ、いつもドラえもんみたいなキモチ悪いメット被ってて嫌いなんだけど、
なんといっても速いからしょうがない。
ソルトレイクでアルペン殆どのメダルをかっさらってったコステリッチ妹は体調不良で棄権
銅メダル、スウェーデンのアンニャ・パーションとの"バケモノ"勝負は次の種目までお預けだな。
(写真は"ドラえもん"ことMichaela Dorfmeister。yahoo.comより)



c0037429_15353334.gif男子複合は…予想外れすぎ!
まずはボーディ・ミラー
アメリカ人ながら今んとこトップクラスって選手で、
もちろんアメリカのオリンピック中継もミラー一色。なのに!
しっかり滑降の段階で1位につけたのに、回転の一本目で旗門不通過。
それが無かったらいいとこ行ってたのに。。。
そうかと思ったら、ノーマークのアメリカ人ルーキー、テッド・リゲティーが
滑降32位から、回転2本目でまさかの追い上げで1位。
本当にこいつの二本目はやばかった。
膝がぐにゃんぐにゃん曲がって、全く雪煙が上がんなかった。 
最後は僕のお気に入り、ベンジャミン・ライヒ
滑ってるときもそうでないときも、常に泣きそうな顔をしている彼だけど
(ホントは泣いていないんだけど、常に泣き顔)
なんだかんだでNo.1。 今のアルペンスキーを引っ張っているのは彼。
滑降で少し遅れるも、回転の一本目で一気に取り戻して一位に。
2本目、順当に滑れば金メダル!アメリカ勢に負けんなよ!
とおもった矢先のコースアウト。。。モッタイナイ!
結局リゲティーが金メダル
クロアチアのコステリッチ兄が、これは順当に、銀メダル。
銅メダルは、オーストリアのライナー・ショーンフェルダー。コイツは…顔が嫌い!
(写真上Benjamin Raich, 下Ted Ligety yahoo.comより)

それにしてもアメリカのオリンピック中継はひどすぎる・・・。
一種目につき5,6人くらいしか見せてくれない。
あとでネットで確認したら、面白い選手がたくさんいるのに。それを観たいのに。
これだけたくさんチャンネルがあるんなら
一つぐらい全部見せてくれるチャンネルがあってもいいのに。。。

とにかく今のところ、僕の好きな選手が誰も表彰台に乗っていないのでちょっと残念。
がんばれ!ライヒ、オーモット。
c0037429_15482622.gif
そりゃあ泣きたくもなるわ。。。
(Benjamin Raich)
(yahoo.com)
[PR]

by mills-yuki | 2006-02-16 01:47 | 動き