<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

初!・手術見学!

久しぶりに自分の学部の事について書こうかと。
たまにはなんかやってるってトコ見せないとね。
普段の日記だけじゃ只遊んでるだけって感じだし…(あながち嘘じゃないけどww)

今日は僕ともう一人のクラスメイトで、2人の選手をインディアナポリスまで連れてって、
一人の選手の肘の手術と、もう一人の手のMRIをとるのに付き添いました。
肘の手術をしたのはISUのフットボール選手、
ちょい前に、肘のavulsion fracture(日本語名知りません…)をおこして治りかけてたんだけど、
最近また肘がうまく動かないという事で、診て貰うことに。

ってか肘を診る、といってもただ触診するだけじゃないんです、
簡単に言えば、
肘にいくつか穴を開けて、そこからカメラを間接の間に突き入れて、ぐりぐりするんです。
手術なんてみたくもなかったけど、必修なので渋々。
…正直、見てられませんでした(笑
おまけにドクターが見学してる僕らに気を使ってか、
カメラをぐりぐり、麻酔で眠ってる彼の肘をぐりぐり、
「ほら、ここが間接。見ててね、肘をこう動かすとほら、骨がこう動くのね。で、こう動かすと…」
せんせ!せんせ!気持ちはありがたいけど、ほんっとに余計なお世話!!(笑

そうこう言ってる最中に、
さっき開けた違う穴からカメラと一緒に流し込まれてる洗浄水がぴゅ~っ!! 
「ぎゃ~っ」\\(゜ロ\\)Ξ(//ロ゜)// (僕&クラスメイト)

で、しばらくぐりぐりした後、ドクターが
「う~ん、これはダメだね。…おしっ開くかっ。」
言ったかと思うと、おもむろに肘の後ろからメスを入れてがっつり3・4cm開き、
当初、予定にはなかった手術開始…!( ̄Д ̄;)
のみとかなづちみたいな道具で、骨をガッツンガッツンやり始めたもんから、
僕とクラスメイトはK.O. 用意されてた椅子に座って、「ダメだ…、もー見れん…」
そんな僕らを尻目に、医者&看護婦の人たちは手術の間中、
ラジオでカントリーミュージックを聞きながら和気藹々。
…医者っ、強すぎる、医者…っ!www

結局、手術の内容としては、
Ulnar(尺骨,前腕の骨)の Olecranon(上腕の骨に引っかかってるいわば鉤の部分)が、
近くにある血管やら神経やらを圧迫していたから、少し削ってやった、ということらしい。
ドクターが手術後に丁寧に説明してくれました。

その後、ソフトボール選手の女の子をMRIへ。
こっちは見学しなかったけど、45分くらいで終わる予想が、2時間半もかかり…。
おまけに手術を受けたフットボール選手の薬を受け取るのにまた1時間以上かかり…。
結局、学校を朝の10時半に出て、戻ってきたのが夜の10時…。 …キッツ~!ww
学校が閉まっちゃったから、ロッカーに入れてるカバンを、教科書を、取りにいけない…www

…でもまぁ、帰りは4人でご飯食べたりして、多少仲良くなったりして…
皆に合わせて「あ~、疲れた」「帰って寝る!速攻、寝る!」とか言ってたけど、
…僕は実はなんだかんだでワリと楽しんでたのは内緒。。。


…今気づいたけど、今年は閏年なんですね~。
曾爺ちゃん、会った事もないけど誕生日おめでとう。
[PR]

by mills-yuki | 2008-02-29 23:59 | AT関係  

21才、男として…

今週の月曜のこと。

珍しく授業まで少し時間があったので、
一旦荷物を教室に置いてトイレに向かっていると、ちょうど教授が歩いてくるとこだった。
この教授、30前後の顔立ちが割ときれいな先生。
(アメリカ人体系で、ちょっと下半身むくれ気味ですがww)

その日は雨が降っていて、廊下がけっこうツルツルだったんだね。
「もう授業始まるよ」「あ、チョットだけトイレに…」「まったくもう…」
なんて少しうれしい(笑)会話をしてすれ違おうとした瞬間、
「ひゃっ」ってその教授が足を滑らせてバランスを崩したっ。
そのとき俺はとっさに……!

…気がついたら1メートルほど飛び退いてた(笑
…いや、フツーそこは助けるだろ、俺… orz
サッと、そしてビシッと、華麗に助けてこそ男だろ…
壁を背中に、「だ、大丈夫ですか?」。 ・・・や~、教授の目が痛かったwww

教授もなんとかバランスを立て直して転ぶことはなかったから、まあ良かったけど、
1人前の「男」になるにはまだまだ道のりが長いね…笑。
[PR]

by mills-yuki | 2008-02-06 11:46 | 常日頃